2009年05月18日

日焼け、その後のお手入れ

最近ゴールデンウィーク中に南の島で太陽を満喫したお客様が多数来客されます。

みなさん、一様に「助けて下さい!日焼けしちゃって〜!」

日焼けによる赤み、色素沈着、かゆみ、皮膚の剥がれなどなど。
日焼け止めをいくら塗っても強烈な日差しにはかなわないようです。
「どれくらいの頻度で塗ってました?」と聞くと、
だいたいのお客様は「午前中に1回、午後に1回」程度です。
それでは丸焦げになってしまいます。

私は日焼けに弱いタイプで、まずやけど状態になってしまいます。
そのまま火ぶくれになり、まともにお風呂に入ることも寝ることも出来なくなるほどです。
小さい頃にかなり苦しみましたから、今では海での過ごし方はプロ級になったと思います。

まず、日焼け止めは30分に1回塗ります。
必要のないとき以外は日陰にいます。
当然、帽子、サングラス、長袖、下半身はタオルで覆っています。
海で遊ぶのは10分以内。
遊んだらすぐに日陰に戻り、身体を洗って日焼け止めを塗りたくる。
これを繰り返して、毎年楽しく海で遊んでいます。
おかげで水着の後もつかず、大して日焼けもしません。

もちろん、少しは日焼けしてしまいます。
そこで帰ってからのお手入れを念入りにします。

日焼け直後のアロマ
・ラベンダー(炎症を和らげてくれます)
・ゼラニウム(炎症を和らげてくれます)
・フランキンセンス(細胞を活性化してくれます)
・ローマンカモミール(保湿してくれます)
を使った化粧水やオイルでお手入れします。これにネロリを入れてもいいですね。
キャリアオイルにはローズヒップオイルを使用します。
ローズヒップオイルはビタミンCがたっぷり含まれていますから、美白には欠かせないオイルです。
また、イエロークレイのパックも施したりもします。
そして基礎化粧はキャロルフランクのエクレールサンテシリーズ
このシリーズのホワイトニングマスクは最強だと思っています。

7月くらいから日焼け対策コースを作ろうかしら、なんて思っていたら、
こんな時期から日焼け対策コースが大活躍しています。

みなさん、日焼けしたときはこんがりしてステキですけど、
後で絶対後悔しますから、お手入れだけは念入りにして下さいね!
posted by Saliva-Yuka at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | アロマセラピー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29228260

この記事へのトラックバック