2009年03月13日

スキルキャンプ

毎月第2日曜日に行っているスキルキャンプでのボランティア活動報告。

自閉症といっても症状は様々で、同じ症状を持つ子は一人としていません。
みんなそれぞれ個性があり、ゆっくりだけれど確実に成長しています。
毎回毎回、この子たちとご家族がもっと生きてゆきやすい社会にするには、どうしたらいいのだろう、と考えます。
私は政治家でもないし、一セラピストでしかないので、私の出来ることをしようと思うのです。
そして、このブログで活動報告をすることも、私の出来ることの一つだと思っています。
小さいながらも、発信することで、一人でも多くの方の目に触れることが出来れば、スペシャルキッズのいるご家族に何らかの希望を提供することが出来たら、そう願っています。


今回参加してくれたのは、前回から参加してくれたYくん一家といつも障がいを持つ家族のケアをしてくれているKくん一家。
高機能障がい児のYくんはこのフェイシャルリフレクソロジーをとっても気に入ってくれたようで、
「あと何日でフェイシャルの日」と指折り数えて待っていてくれたそうです。
もう感激です。嬉しい!
ここに来て参加してくれた子供たちの大半はこのセラピーを気に入ってくれて、2回目以降は嫌がらずにお顔を触らせてくれます。
顔に触られることを嫌がる、とか、じっとしていられない、とか、パニックを起こす、とかいろいろ話は聞きますが、ラッキーなことに私はそういった子供に出会っていません。
みんな触らせてくれるし、時間は短くてもじっとしていてくれるし、パニックを起こされたこともありません。
もちろん、お母様を始めご家族の協力があって初めて出来ることなんですけどね。

前回も書きましたが、Yくんは知的なものの障がいはありません。むしろ発達しています。彼は社会性を持つことが難しい子です。
なので、このフェイシャルリフレクソロジーを受けることによって自分の脳がリラックスすることを分かっています。
いつもいつも脳が興奮状態であるYくん。
疲れもストレスも溜まっているので、私の前に寝るや否や身体を投げ出す感じで受け入れ準備は万端。
弟くんも一緒に隣で寝転がっています。
この弟くんはお兄ちゃんの病気のことを小さいながら理解しているようです。
お兄ちゃんの苦手とする他人や社会とのコミュニケーションスキルがめちゃくちゃ高い。
次男坊独特のちゃっかりした性格も相まって、甘えるのも上手。
セラピーを終えると年上のKくんと遊びだしました。
「僕は石だからどんな攻撃も効かないよ!」と弟くん。
「なら火山に落として溶岩にしてとかしてやるぞ!」とKくん。
そんな二人の会話を聞いていたYくんは「Kくんはなかなか頭がいいね。」と一言。
KくんとYくんは同級生。二人とも、とっても頭がいいお子さんなので、もしかしたらライバル視してるのかもしれませんね。
遊び始めた二人がエキサイトして来た矢先、Yくんがイライラし始めました。
「脳が興奮して来ちゃったよ。」
そこで私がKくんに「ちょっと静かにしてくれるかな?」とお願いすると弟くんを連れて外へ出てくれました。
あとで「さっきはうるさくしちゃってすいませんでした。」と気を使ってくれるKくんにまた感動してしまいました。
3年生なのになんてしっかりしてるのだろう。読んでる本は「チームバチスタの栄光」だし!すごい!
エキサイトしている弟くんに「そんなに興奮して騒ぐとみんなに気持ち悪いって嫌がられちゃうよ」と言っていたYくん。
胸が締め付けられる思いでした。
自分の意志ではどうしようもないYくんは、学校で浮いた存在なのでしょう。
クラスのお友達に「気持ち悪い」と言われて傷つくことがたくさんあるのだと前回話してくれました。
すべての行程が終わってすっかりリラックスしてくれたYくんは、精神的な緊張も緩んだようです。
隣で施術中のママにべったり抱きついて甘え始めました。
「ママは綺麗だよ」「ママは全然太ってないよ。」「世界で一番」「僕がママを守ってあげる」などなど、甘い言葉を次々と囁いていました。
お母様、お幸せですね。
ママにひとしきり甘えた後は、私に心を開いてくれているのでしょうか。
私にも甘えて来てくれました。
私の腰まである髪の毛を私の首に巻いて遊びだしたので「首が絞まって死んじゃうわ」と私が言っても「マフラーみたいでおしゃれ」と言ってなかなか辞めないYくん。
おしゃれですか?
その状況をみてライバル(?)のKくんが「だめだよ!やめなよ!」
かわいい男子に取り合いをされているようでいい気分でした。(笑)

Yくん一家が帰った後はKくんを施術。
Kくんはアトピーがちょっとひどくなっていました。花粉症も併発しているのでそのせいだと思います。
お母様に「顔にしこりのようなものがあるんだけど」といわれ、触ってみると確かに大きなしこりが。
ちょうど大腸に当たるゾーンに大きなものがありました。
フェイシャルリフレクソロジーでは、大腸や肺のゾーンにあるデポジットは、アレルギーとも関連しています。
そのことをお伝えした上で、念入りに施術。
乾燥もひどいので、ぐんぐんオイルを吸っていきます。
私とKくんのご両親とは10年来の知人で大変お世話になっています。
ちょうどKくんが産まれた年に知り合って、一時、Kくん宅に居候させていただいたこともありました。
私とお母様の知り合ったきっかけなどを質問してくるKくん。
「赤ちゃんのころから知ってるんだね」とにっこり。
そうです。赤ちゃんのあなたを連れてよく井の頭公園にお散歩に行きましたよ。おしめも換えたよ。
施術後、ゆっくり大好きなレゴで遊ぶKくん。
赤ちゃんから知っている子供の成長を見続けることって幸せだなあ、と思いました。
自分の子供以外になかなか出来ないでしょ。
Kくん、産まれて来てくれてありがとう。
優しくてかしこく、ステキな王子様です。

来月はどんな展開になるか、今から本当に楽しみです。
posted by Saliva-Yuka at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/27556532

この記事へのトラックバック