2009年02月26日

フランス

Salivaで使用している商材のほとんどはフランス産です。精油は「Materia Aromatica」、化粧品は「Carole Franck」。
フェイシャルリフレクソロジーのエステティックラインはスペインの商材ですが、お仕上げはキャロルフランクを使っています。

なのでいつか本場フランスに行って、キャロルの極上エステを受けてみたいと思っています。
パリの高級住宅街17区にあるキャロルのサロン。
夢は膨らみます。

私のアロマの先生の多くもフランスのスクールで学んでいらっしゃいました。
私の父はマルセイユで柔道を教えていました。
小さい頃、よくフランスから電話がかかって来てました。

身近にあるフランスなのに、私は全く話すことが出来ません。
なので、一念発起して習い始めました。フランス語。

今日はその初日。
先生の名前はBenjamin。
185センチの長身にお人形のように整った顔立ちでびっくりしました。
小さな子供に教えるように丁寧に教えてくれて、本当に有り難い。
特に発音。
初めてにしては上手!と言って下さったけど、むずかしい〜!
セルジュ・ゲンズブールをよく聴いていたから雰囲気は何となく分かるけど、日本語にも英語にもない発音はやっぱり難しい。

でも、頑張ります。
いつか颯爽とパリ市街を歩いて流暢なフランス語でカフェでまったりしてみたいものです。
目の保養にもなるので、ベン先生、これからもよろしくお願いいたします。ww

posted by Saliva-Yuka at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | Saliva日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/27237155

この記事へのトラックバック