2009年10月01日

フェイシャルリフレクソロジーと自閉症児とその家族へのセラピー

毎月行っているスキルキャンプでの自閉症児とそのご家族に対するセラピー。
私自身、とても楽しみにしております。

今回はまた新しいお子さんとご家族と出会いました。
Aちゃんは2歳の女の子。
知的障がいはないものの、コミュニケーションにちょっと問題がある自閉症のお子さんです。

一緒にいらしたのはお母様。
お母様はとても美しい方なのですがお疲れのご様子。

Aちゃんがお部屋に来た時、ちょうどいつも受けてくるT君家族を施術している最中でした。

私はTくん施術を終え、お姉さんのHちゃんを施術していたのですが、Hちゃんはストレスが溜まっていたのでしょう。
感情が溢れてしまって施術中から号泣してしました。

初めて会う人、初めて見る光景、いつも仲良くしてくれるHちゃんが顔をいじられながら泣いている。
Aちゃんにはショッキングな光景だったでしょう。
私も「しまった!」と思ったのですが、Hちゃんには泣くことが必要だったので、タイミングが悪かったと思い、『今日はAちゃんは触らせてくれないかもしれない」と危惧しておりました。

Tくん家族はもう2年近くフェイシャルリフレクソロジーをご家族で受けて下さっているので、この状況を上手にAちゃんのママに説明して下っていました。

「フェイシャルリフレクソロジーを受けると感情が解放されることがあります。その時に泣いたり、怒ったり、笑ったりいろいろな症状がでます。それは必要なことなのでびっくりしないで下さい。身体にも反応が出ることがあります。ぐったりしたり、すっきりしたり、元気になったり、個人差があります。その反応を素直に受け止めてください。」

Aちゃんのママのお顔にも若干不安が見えましたが、Tくんのママの説明のおかげで少し安心された様子でした。

Hちゃんの後、私はAちゃんのママの施術をしました。
軽い寝息を立てながらお休みになっていらしたママ。
それをじっと見ているAちゃん。

「Aちゃんもやってみる?」
「いや。」
やっぱり。でも私たちは諦めません。何とか糸口を探そうと、あれこれ接触を試みます。

私は「Hちゃんを泣かした人」と認識されているかもしれないので、もう一人のセラピストに接近してもらいました。

Aちゃんはどうやらお絵描きが好きなようで、絵を描いてもらいました。
そのうち私たちのテキストに興味を持ち、色のついているページに興味津々!
これだ!
私たちはまだ色の塗られていないページを開き、Aちゃんの顔をに照らし合わせながら色を塗ってもらいました。
「ここは何色ですか?」(テキストの色の部分を差す)
「ピンク!」(元気よく答えるAちゃん)
「ピンクはお顔のここですよ〜」(すかさずAちゃんの顔に触れる私)

上手くいきました。
お顔に一度でも触れれば、今後のセラピーは大丈夫。

Aちゃんは「お勉強」が大好きだそうです。
なので、「お勉強」としてセラピーを受けてくれるといいな、と思っています。

Aちゃんのママも大変気に入ってくださったようなので、また来月が楽しみです。

posted by Saliva-Yuka at 02:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告