2008年11月20日

お子様にも愛されるサロンを目指す

今日はお子様連れのお客様の来店。もう3回目の来店だから、お子も慣れたもの。
段差も転ばずに上手に部屋中を探検。
最初に会ったときから少し大きくなっていて、おしゃべりも上手になっていました。
会話が出来るようになっていて、ちょっと楽しい。
女の子だからきっと次に会う時はもっとお話出来るようになってるでしょう。
お歌も上手に歌っていました。
やっぱり『ポニョ』は大人気なんですね。
宮崎駿、偉大です。

お母ちゃまは、パワフルなお子さんとずっと一緒に過ごしているから少々お疲れ気味。
お顔に元気がない。
フェイシャルリフレクソロジーを受けて下さったんですが、
これで頭痛も肩こりも他のいろいろな症状が少しでも緩和されるといいな。

一緒にいらした妹さんも、保育士さんだからお子さんを扱うエキスパートなんですが、
やっぱり毎日小さな体なのにパワー全開の子供たちを相手にしているからお疲れでした。

大人はみんな疲れている。
生活していくことは、ストレスと疲れを蓄積していく。
もちろん、喜びだって楽しみだってある。
でも上手にストレスと疲れを取り除かないと余裕が無くなって、小さな喜びも楽しみも見逃してしまいそう。

そんな風にならないために、私に出来ること。
『ここに来たら、癒される!』
そう思い出してもらえるようなサロンにしていきたい。
そして、お子ちゃまも安心して過ごせるサロンにしたい。

理想のサロンっていつまでたっても出来ないのかも。
常にもっともっと!と思ってしまうから。

日々精進。
頑張ります。



posted by Saliva-Yuka at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | Saliva日記