2008年11月05日

顔のツボ

ソレンセン式フェイシャルリフレクソロジーでは、中医学やベトナムのチャートや南米のインディアンの民間療法などに基づいて行う手技が組み込まれています。

その一つが、顔中に無数にある「ツボ」です。

このツボは一人一人の体の弱まりに対して選ぶものなので、同じファイシャルリフレクソロジーでも一人一人違う施術を行うことになります。
厳密に言えばツボだけではなく、デポジット(老廃物のかたまり、経絡の流れが乱れているところ)のあるところも人それぞれなので、デポジットに対するアプローチもひとそれぞれになってきます。
ですから完全にその方のためだけのオリジナルセラピーと言ってももいいでしょう。

そこで、ツボ。
これはベトナム人医師の考案した顔中に点在する564の神経ポイント(めちゃくちゃ多くて複雑!)から、症状に合わせて選びます。
このツボを使用するか使用しないでは大きな効果の違いが出てくるそうです。

ソレンセン式フェイシャルリフレクソロジーは各国に認定校が1校しかなく、
大量に弟子を増やして技術が散漫になったり、亜流が増えるのを抑制しています。
なので、私たち認定セラピストは勝手に人にこの技術を教えることは禁止されています。

でもこのツボは教えることが出来るのです。
体の不調のあるところのツボをご自宅でもケアしていただけます。

わたしはよく、二日酔いやこめかみの頭痛のツボをおします。
結構効くんですよ。