2008年09月08日

サロンの音楽

私の音楽の趣味は雑食です。

ドラマティックな音楽が好き。
暗くて美しい旋律が好き。
しっかりしたリズムが好き。
テクニカルな音楽が好き。
爆音に耐えられる音楽が好き。
美しい女性ボーカルが好き。
だみ声のおっさんが好き。
踊れる曲が好き。
などなど。

クラシックならバッハやベートーベンのごつごつした感じが好き。
でもサティやスメタナみたいな病気っぽい感じも好き。。
オペラはカルミナやカルメンなんかがテンションあがって好き。
メタルは大好き。
NWOBHMもジャーマンもL.A.メタルもジャパメタも好き。
パンクも好き。
特にU.K.パンクが好き。ポジパン大好き。
普通のハードロックも好き。
グランジは大好き。
インダストリアルも大好き。
テクノも好き。
歌謡曲も好き。
演歌は苦手。

サロンの音楽を決めるのには結構悩みました。
いわゆるヒーリング・ミュージックにはしたくなかったものですから。
つまらないんだもの、普通のヒーリング・ミュージック。

CDショップに日々通いつめて試聴しまくっておりましたが、
どれもこれもイマイチ。

そんなある日、運命の出会いが!!

「ゴシック・ヒーリング」

もうすぐにビビッときました。
うちのサロンはこれだ!と。
試聴してみても想像通りの美しい旋律、美しい歌声、暗くて荘厳な音作り。
素晴らしい!こんなジャンルがあったのか!!
目から鱗でした。

お客様の中でも音楽好きな方がいらして、
「これ、何の曲ですか?」って聞かれます。
そうするともう嬉しくなっちゃいます。
「あ、気がついちゃいました?」みたいな。

もちろん、ゴシック・ヒーリングだけながれているわけではありません。
定番のジョージ・ウィンストンのピアノ曲も流れるし、
こっそりthe verveやthe cureやthe missonなんかも流れていたりします。
ピアノ4台で引きまくるエクソシストのテーマ曲が流れることもあります。
ちょっと怖いけど。

ituneの中に美しい旋律を集めてサロン用の音楽を作ってそれを流しています。
これからもどんどん新しい音楽が増えてゆくことでしょう。

施術以外のお仕事で、私の一番好きな作業が、
このサロンミュージックを充実させることだったりするのです。




posted by Saliva-Yuka at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | Saliva日記